お笑いコミュニケーション

今日から使える会話術!嫌悪感なく気持ち良く話を終わらせる方法

話が長い人って必ず1人や2人はいますよね。聞いてあげたいけど、時間がない時もあります。素直に聞きたくない時もあります。そういう時に、相手を嫌な気持ちにさせず、気持ち良く会話を終わらせる方法について解説していきます。

タロウ
話が長い人って、ちょと苦手です
龍さん
みんな同じだよ
タロウ
どうすればいいんですか?
龍さん
この記事を最後まで読めば分かるよ
タロウ
長くないですか?
龍さん
5分で読めるよ
タロウ
じゃ読ませて貰います!

記事と一緒に動画を見ると理解が深まります

喋る前に対策しておく

そういう人に話しかける時は、短く終われるように事前に対策しておきましょう。そのための方法をお伝えします。

 

時間設定をしておく

これから話しかける相手が、話が長くなりそう、もしくは早めに切り上げたい、という場合は、本題に入る前に「3分だけお時間、貰えますか?」と時間を区切ります

ポイント

時間を設定する「3分だけお時間貰えますか?」

 

このように事前にフリを入れておくと、2分で終わろうが、5分で終わろうが、話を終わらせる事ができます。これは忙しい人に、話しかける時にも使えます。「お忙しいところすいません。3分だけお時間を頂けますか?」と言われて、断る人もいません。

これはエレベータートーク、というトークスキルでもあります。

 

エレベータートークとは?

エレベータートークとは、社長や部長など、偉い人に話しかけるチャンスはあまりありません。だからこそ、エレベーターで一緒になった時に、その30秒前後の間に、自分の想いを伝えるトークスキルです。

30秒なので、いろんな事を詰め込んではいけません。自分自身にキャッチコピーをつけた自己紹介、そして、気になるトークタイトル、これぐらいです。この自己紹介とトークにタイトルをつけるスキルは、以下の記事&動画で詳しく解説しているので、参考にされてみて下さい。

人を惹きつけるトーク術!すぐに使えるお笑いコミュニケーション

仕事でもプライベートでも、会話が面白い人は重宝されます。しかし、多くの人が誤解していることがあります。それは、トークスキルが、コミュニケーションスキルではない、という事です。 饒舌に喋れる人が、重宝さ ...

続きを見る

メラビアンの法則を活用!笑いのスキルで自分にキャッチコピーをつけよう

ビジネスシーンに限らず自己紹介は大切です。ここで相手の気持ちを掴めるかどうかで、今後の付き合い方が決まると言っても過言ではありません。ビジネスに限らず、メルマガでもYouTubeで動画を投稿する時も、 ...

続きを見る

 

 

話の数を先に伝える

話を早く終わらせたい時は、話をする前に、伝えたい事がいくつあるのか、先に提示しましょう。例えば次のような感じです。「すいません、ちょっと時間があまりないので、手短かにお話しますね。2つ話があります」こう言えば、2つを伝えた時点で、話を終わらせる事ができます。

ポイント

話の数を伝える「伝えたい事が2つあります」

 

 

相手の長い会話を終わらせるテクニック

自分から発信のトークではなくて、相手の話がどうしようも長くて困る時ってありますよね。特にご年配の方になると話が長くなる傾向があります。しかし、ご年配の方や仕事相手や先輩に失礼があってはいけません。でも早く終わらせないと次の予定に間に合わない!っていう時もあります。そういった時に使えるスキルです。

 

相手の話をシャットアウトしない

気持ち良く喋ってる人の話を無理矢理、終わらせようとすると不愉快な気持ちにさせてしまいます。なぜなら、人は自分の話をすると、幸せな気持ちになります。詳しくは以下の記事&動画で解説しているので、そちらをご覧下さい。

お笑い的はひふへほの法則!相手に快楽を与える会話術

話し相手と気持ち良く会話で盛り上がれない、という人がいます。でもそれはすぐに解決できます。それどころか、相手を気持ち良くさせて、なおかつ信頼されて、他の人よりも、あなたに話しかけたくなります。 その方 ...

続きを見る

 

相手の会話を終わらせる魔法の一言

相手が気持ち良く喋ってる時に、曖昧な点や、もっと知りたい点を見つけた時はチャンスです。その時に「それ凄い気になります!ちょっと調べていいですか?」と相手に断りを入れてから、スマホを出して調べます

これは意外と使えます。相手も話をしながら、記憶が曖昧である、という事はよくあります。

例えば、美味しいご飯屋さんの最寄駅とか、覚えていない時があります。そういう時に「そこ行ってみたい!ちょっと調べていいですか?」と行って、スマホで調べてみて下さい。これで、この会話を終わらせる事ができます。

ポイント

「ちょっと調べていいですか?」

 

ただ、この方法の場合、諸刃の剣でもあります。上手く終わらせられる時もあるのですが、ごく稀に、自分の話に興味を持ってくれたと勘違いされて、さらに拍車をかけて話出す時もあります。そういう時は、次の方法を試して下さい。

 

終わりへ向かう質問〜次の行動を聞く

相手が拍車をかけて話しかけてきた時は、その後の行動を聞いて下さい。もしくは明日の予定、もしくは週末の予定でも大丈夫です。

次の予定の話をすれば、話の方向性は、明日以降の未来への話になっていき、自然と終わる方向へと向かっていきます。例えば先ほどの美味しいお店の話だと以下のような感じです。

ポイント

部下「美味しい店に詳しいんですね。週末は食べ歩きとかしてるんですか?」

上司「週末は家族サービスだよ  or  テレビで見ただけだよ」

部下「休みの日にお金の事を気にせず美味しいものを食べまくれたら幸せだろうなぁ。さぁそうなれるように頑張ろ!」

 

 

このように、未来の予定について話をするとだいたい話を終わらせられます。どんな人でも明るい未来を想像します。そして、そうなるために今日も頑張ろう!という気持ちになります。そうすると自然と話は終わる展開になっていきます。

ポイント

未来の予定を聞く→明るい未来を想像→今日も頑張ろう→話が終わる

お笑い的二者択一話法!会話力が上がるコミュニケーション術

会話がすぐ止まってしまい、長く続けられない人がいます。それは相手に答えを求めているからです。人は考えさせられるのを嫌います。そうならないように、相手に選択肢を与えてあげます。 そうすると、相手は考える ...

続きを見る

 

褒めて主導権を握る

とにかく自分の話をしたがる「自分大好きオジサンorオバサン」っています。そういう強者はあの手この手を使っても、なかなか話を終わらせてくれません。それは、その強者がトークの主導権を握っているからです。

相手が主導権を握っている限り、その攻撃は終わりません。だからこそ、その攻撃を終わらせて、自分が主導権を握らないといけません。そのために、まずは、相手を褒めて下さい。

褒められると相手は気持ち良くなって、さらに喋ります。でもここは堪えて下さい。肉を切らして骨を断つ戦法です。褒められた相手は、だんだんと気持ち良さが増幅していき、だんだんとお腹いっぱいになってきます。

人が喋るとどれだけ気持ちいいかについて、以下の記事&動画で詳しく解説しています。是非ご覧下さい。

お笑い的はひふへほの法則!相手に快楽を与える会話術

話し相手と気持ち良く会話で盛り上がれない、という人がいます。でもそれはすぐに解決できます。それどころか、相手を気持ち良くさせて、なおかつ信頼されて、他の人よりも、あなたに話しかけたくなります。 その方 ...

続きを見る

 

そして、満足感に浸って幸福感を味わい始めます。この時こそ、主導権を奪い返すチャンスです。むしろ、相手は、喋って褒められて、満足感に満たされてるので、主導権もアッサリと放棄してくれるでしょう。

その時の鉄板の褒め方は以下のような褒め方です。

ポイント

・「いろんな事に詳しいですね。さすがです!」

・「常にいろんな事を考えてるんですね!」

・「何事にもアンテナ張ってるんですね。見習います!」

 

 

このようなキラーワードで褒めてあげて下さい。褒められて嫌な気持ちになる人はいません。相手が気持ち良くなったら、会話の主導権を握り返して、話を終わらせてしまいましょう。

ポイント

褒める→幸福感を与える→主導権を握る→話を終わらせる

 

まとめ

歳を取るほど人の話は長くなっていきます。それだけ生きる知恵がある証拠でもあります。しかし、自分が気持ち良くなりたいから、相手の事情を考えずに喋りまくる人もいます。

そういう人と出会った時は、出来るだけ相手を傷つけずに優しく会話を終わらせてあげましょう。どちらかが嫌な気持ちになって終わるよりも、Win-Winで終わった方がいいですよね。そうする事がお互いのためでもあります。是非、参考にされてみて下さい。




-お笑いコミュニケーション
-, , ,

Copyright© ノースマイルノーライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.