コピーライティング

PASONA(パソナ)の法則を効果的に使うライティングスキル

ライティングテクニックには、いろんな手法があります。扱う商品やターゲットによって、どの手法が適切かが変わってきます。

今回は、PASONA(パソナ)の法則について、プロのライターが解説していきます。

記事と一緒に動画を見ると理解が深まります

PASONA(パソナ)の法則とは?

PASONA(パソナ)の法則は、1999年に伝説のマーケター神田昌典さんが提唱した、商品やサービスを販売するためのライティングテクニックです。

PASONA(パソナ)の法則は、以下の英単語の頭文字を並べたものです。

 

PASONA(パソナ)の法則

Problem(問題):問題提起

Agitation(扇動):傷口を開く

Solution(解決策):解決策の提示と証拠

Narrow down(絞込):緊急性、希少性、限定性

Action(行動):行動させる

 

AIDMA(アイドマ)の法則の場合は、広い間口でライティングしていきます。ちなみにAIDMA(アイドマ)の法則は、こちらの記事&動画で詳しく解説しています。

ライティングはAISASの法則ではなくAIDMAの法則でやるべき理由

AIDMA(アイドマ)の法則は古い!今はAISAU(アイサス)の法則だ!と言う人がいますが、ライティングにおいては違います。 どちらの法則も消費者の行動を表しているものです。消費者の行動は確かにAIS ...

続きを見る

 

それに比べて、PASONA(パソナ)の法則は、悩みを抱えてる人に刺さりやすいライティングスキルです。問題提起して、悩みや問題を明確にすることが始まるので検索にも引っかかりやすいと言えます。

例えば、ハゲてきた人が検索する場合は「ハゲ、シャンプー」「ハゲ 改善」「ハゲ 薬」など、具体的な悩みキーワードで検索するはずです。ブログやメルマガで、集客できていない人なら「ブログ 集客」「メルマガ 集客」と具体的な悩みキーワードで検索してるますよね。

こういった事から、PASONA(パソナ)の法則は、問題提起から始まるので、ブログやメルマガにも向いているライティングスキルです。

今回は、PASONA(パソナ)の法則を説明していくにあたって、ブログで集客できていない人に向けてライティングしていく、という設定で説明していきたいと思います。

 

Problem(問題):問題提起

ブログを書いてるけど、アクセスが少なすぎてどうにもならない、という人の気持ちになって問題提起してあげましょう。

 

問題提起

・なぜアクセスが集まらないのか?

・記事のクオリティは?

・更新の頻度はどれくらい?

 

 

Agitation(扇動):問題を煽って明確にする

そのまま放置するとどうなっていくのか、という事を明確にして、浮き彫りにしていきます。この時に、不安な気持ちを煽るだけではなくて、悩んでる人と同じ気持ちになって、自分の体験などを交えながらストーリー仕立てにしていくと伝わりやすいです。

 

問題を煽って明確にする

アクセスが集まらないと、このまま記事(メルマガ)を書き続けて意味があるんだろうか?っていう気持ちになりますよね。このままずっと集客できないなら、他の副業にした方がいいのかな、と心が折れそうになる時がります。

いくら記事の内容が良くても集客できないと1円にもなりません。まずは人の目に触れる努力をするべきです。

 

 

Solution(解決策):解決策の提示と証拠

ただ不安にさせるだけではダメです。不安になった人は、喉から手が出るほど、解決策を欲しがっています。

 

解決策の提示と証拠

ブログというのは、最初はとても弱い存在です。それは仕方ない事です。検索に引っかかるほどの記事数がないので、誰の目にも止まりません。でもそのまま放置していてもダメです。

探して貰えないのであれば、自分から告知していけばいいのです。そのために、facebook、twitter、LINE、などSNSを使って拡散していきましょう。良い記事ならシェアして貰えれば、一気にバズる可能性もあります。

 

この時に具体的な証拠画像などがあれば尚良いですね!

 

 

Narrow down(絞込):緊急性、希少性、限定性

悩みを解決するための手段を教えてあげます。その時に、緊急性、希少性、限定性を伝えます。

 

緊急性、希少性、限定性

ネット上のコンテンツをバズらせるための4つの法則、というWEB限定講座を行います。あまり多くの人に知られたくないので、10名限定で行います。

明日の19時から行います。参加希望の方は、メールで予約しておいて下さい。希望者が多い場合は、予約時のアンケート内容で参加者を決めさせて頂きます。ご理解ご了承の程よろしくお願いします。

 

このように、限定性を演出する事で、急いで予約しないと!という心理になります。

 

Action(行動):行動させる

具体的な行動を促す言葉を投げかけてあげましょう。

 

行動させる

もうすぐ19時になります。参加できる方にはメールでリンクを送っておきました。リンクをクリックしてパソコンの前でお待ち下さい。

 

 

まとめ

PASONA(パソナ)の法則を使って書いた記事は、大勢に向けて書いた記事ではなくて、読む人を限定して書く記事になります。

その分、深く刺さりやすい記事になります。この時にペルソナを設定しておくと、より深く刺さります。ペルソナを設定する方法は、以下の記事&動画で詳しく解説しています。

PASONA(パソナ)の法則と相性抜群なので、是非、この機会に目を通しておいて下さい。

ペルソナ設定は超重要!メリットと作り方の手順

ブログを作成したり、動画を作成する時に、あなたの頭の中では、誰に見てほしいか決まっていますか?これを決めているか決めていないかで、成功までの速度が変わってきます。 必ず決めて欲しいのですが、ターゲット ...

続きを見る




-コピーライティング
-, , ,

Copyright© ノースマイルノーライフ , 2020 All Rights Reserved.